日本野鳥の会 本年度の活動報告 ③オオジシギ

(以下 抜粋文)

そのほか、減少が懸念されている渡り鳥オオジシギの保護プロジェクトでは、

会員の方などの協力を得て、北海道での推定個体数が約3万5千羽であるとの調査結果を発表し、

風力発電施設の問題では、引き続き野鳥とその生息地に悪影響を及ぼさないよう環境省や事業者へ働きかけるなどの活動に取り組みました。


愛知県支部でもコアジサシプロジェクト・NEXCO中日本との共同でのサギ調査・メガソーラー建設に対する発言など多数

会員の方々や一般の方々も巻き込んで、「思いのある方が思いを行動に」移しています。

私も、出来る時に、私なりに行動に移せたら、と思っています。探鳥会の案内でも野鳥達の生きる姿をまず知って観て感じて欲しいと強く強く思っています。

野鳥の会は野鳥を観て遊んでる、などの無知ゆえの偏見をなくしたいものです。

今年も私の目の前に現れて、私を楽しませて私を元気づけてくれた野鳥達、ありがとう。

一緒に野鳥を観て喜びを共有してくれた方々、ありがとう。


Lovebird



| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=72 |
| エッセイ | 08:07 PM | comments (x) | trackback (0) |
日本野鳥の会 本年度の活動成果  ②カンムリウミスズメ
大海原の波間に浮いていると、ホントに分からないカンムリウミスズメ。

三宅島から船を出して貰い、大海原に一羽だけ見つけた時の感動とときめきは今も鮮明に記憶に残っています。

(以下 抜粋文)

海洋の代表種として保護活動を続けているカンムリウミスズメでは、三宅島の西の沖合10㎞に位置する大野原島周辺海域で、特別な許可を得て、初の早朝調査を実施しました。

その結果、これまでを大きく上回る490羽を記録し、改めて重要な繁殖地であることが確認出来ました。

同じく三宅島では、オカリナ奏者の善久(Zenkyu)氏の協力のもと、「カンムリウミスズメコンサート」を開催、地元の方々にこの海鳥を知っていただく機会を作りました。



本当に嬉しいニュースです。

「野鳥も人間も自然の仲間」という日本野鳥の会の理念。「野鳥も人も共存できる世界」の実現。

これは人間の為でもあるのです。

Lovebird

| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=71 |
| エッセイ | 07:51 PM | comments (x) | trackback (0) |
日本野鳥の会 本年度の活動成果 ①シマフクロウ
この2018年度も終わりを告げようとしています。
年の瀬に辺り、日本野鳥の会本部より届いた手紙に本年度の成果が載っていましたので
3部に分けてご紹介させて頂きます。

(以下、抜粋文)

かねてから力を入れております、森林を代表する絶滅危惧種シマフクロウの保護活動では、

関係者の熱心な保護活動や当会の野鳥保護区設置などが成果を見せ始め、

最新の調査では約160羽まで増えているという、うれしいニュースがありました。

引き続き、森つくりなどの環境改善とともに、野鳥保護区の設置等を進め、シマフクロウが安心し暮らせる森を守っていきます。



続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=70 |
| エッセイ | 07:32 PM | comments (x) | trackback (0) |
テストで投稿
2018年もあとわずか。光陰矢の如し。

| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=68 |
| エッセイ | 08:54 PM | comments (x) | trackback (0) |
シロハラの美しい夏羽
</span
先日、とても美しいシロハラに会った。
お腹が白くて、シロハラの名前の由来そのままだった。
真冬に見られるシロハラのお腹は白くないので、アカハラと対比して赤くないからシロハラと思っていた。
が、しかし、小牧山の水場に表れたシロハラの美しいことと言ったら!!

清純な、白いウエディングドレスを着ている様だった。
嘴の下部の、ほんのわずかなオレンジ色は、まるで控えめに付けた口紅。

冬鳥が次々と営巣地に向かってこの地を離れる中、
未だ残っている個体に、その繁殖羽の完璧に近い美しい姿を見つけることが出来る。

鴨達は、一月の終わりの、ペアリングをする時期には繁殖羽に換羽しているが、
その他の鳥は北へ飛び立つ直前でも未だ完全には換羽が終わっていない種類や個体もある。

私が良く行く池も、様相が全く違っていた。
オカヨシやミコアイサの群れがいない。

冬場にのんびりしていた鴨達とは違い、池の真ん中で疲れた様子で必死に眠って疲れを癒そうとしている個体が多かった。
何処かからの移動中に違いない。
その池で冬を越したと思われる個体は、慣れたように池の縁に集まっていた。

脅かすといけないので、早々にその場を立ち去った。
休日の趣味の為に、命がけの彼らに迷惑をかけたら、人間がすたるというものだ。

LOVEBIRD





続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=64 |
| エッセイ | 09:17 PM | comments (x) | trackback (0) |
今日から11月

秋は着実に冬に移行しています。
陽が傾き始めると急に寒くなるようになりました。

午後3時頃になると、鳥たちも寝る前の準備に入るのか、水浴びをして身体を清潔にしています。
風呂に入らないと布団に入って寝れない人が多いのと同じかな?

私の好きな池に寄ってみました。

やはり、鴨達は水浴びをしている個体が多くいました。
その池の主のカイツブリも、あちらこちらでバチャバチャしていました。

その、ユーモラスで可愛いことといったら!!
ぴょん!、と水に潜るようなしぐさをしたり、少し水の上を飛んだり、横になってカリカリしたり、
シギ・チの様に、両方の、まんまるな小さな羽根を伸びをしながら上でくっつけたり、
いつもは見られない、思いのほか白いお腹を立てて羽根をパタパタさせたり、・・・・・。
思わず笑ってしまいました。

この日は、マガモとコガモが沢山いて、その中にホシハジロが一羽のみ熟睡していました。
普通ホシハジロはキンクロハジロの群れに混じっていることが多いのに、
仲間と逸れてマガモの群れに混じって飛んで来たんだなー、と「勝手に」思うと
長旅大変だったね、良く生きているね、と「勝手に」思いました。

ウチの蜘蛛の巣も大分減りました。一時はみっともない位あったのに。
蜘蛛の巣を破らないように身をかがめて歩いたり、遠回りをしなくても済むようになりました。
勝手口の近くに作っていたハチの巣にもハチが数匹しかいません。
女王蜂も、もういません。
役割を終えて、空の巣になりつつあります。

今日から11月。
間もなく平地も紅葉で色づき始めます。
もっともっと北風が吹いて寒くなると、ツグミ類もやって来ます。
楽しみです。
鳥見をしていると野鳥さえいれば一年中楽しいですね。

LOVEBIRD



| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=58 |
| エッセイ | 05:01 PM | comments (x) | trackback (0) |
連日猛暑が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
しかし、早朝は秋が控えているような気配を感じます。
季節は着実に動いているのですね。日常茶飯事にかまけているうちに。
台風の日本への襲来も始まりました。

今年はハチの巣がとても低いところにかけてあります。
こういう年は台風が多いと昔祖父から聞いたことがあります。

我が家の勝手口の近くにもアシナガバチの巣が直径12センチ位まで大きくなり、ハチ達が子育てを頑張っています。
こちらが気にしなければ何もしません。
一緒に自然の恵みを受け暮らしています。
私は観察させて貰って楽しんでいます。
巣のでき始め、家族に取らないように言っておきました。
毎朝ハチが飛び立ち、ウチの周りで飛んでいます。(^ー^)
今はハチも私の家族です。


リオではオリンピックの真っ最中。
陸上も始まり終盤に近付いています。

連日全身全霊で戦うアスリートの姿に感動してテレビの前でついつい声を上げてしまっています。
日本の活躍も素晴らしい。

毎日全力で全身全霊で生きている自然界の生き物。
私たちが目にする野鳥も生き残りでしか過ぎません。

オリンピックのアスリートや野鳥達に勇気や元気や感動を貰っているのに、
当の自分は、ちょっと体重が減ると油断して、まっ、いいか!
と直ぐに食べ過ぎてしまい・・・・・、自分の情けなさが嫌になっています。

藤前干潟も渡り鳥のシギ・チドリで賑わっています。
命がけで大海原を飛んできます。

今日も出会いを求めてウロウロしようかな。


lovebird

| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=56 |
| エッセイ | 08:30 AM | comments (x) | trackback (0) |
春が来た!!

今朝もスズメの鳴き声で目が覚めました。

ウチに居座っているスズメ達にも春がやってきたのか、
先月半ば頃からウチの屋根の上で懸命にさえずっています!!
超カワイイ!!

私は毎朝、インコの餌の取り替えの時に餌を置いてやるのですが、
営巣が始まる時期になると巣を中心とした生活が始まるのか、
この時期朝に決まって私の餌を待っています。
餌を置く場所が見渡せて安全な隣の屋根に集合してきて朝ご飯を待っています。

一年を通してウチの餌場から見るスズメ達の行動が違って楽しいです。
勝手に推測して理由づけをしています。
人間の悪いところか、良いところか?!


親鳥が雛を連れてきて給餌する可愛い姿も間近です!
あっ、その前に、巣の最終仕上げの為に犬の毛を拾いに来ますよ。
ふかふかの犬の毛のお布団でヒナが沢山、元気に育ちますように・・・。



LOVEBIRD


| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=53 |
| エッセイ | 09:29 AM | comments (x) | trackback (0) |
節分を前に
今日から二月。
明後日は春の節分で、その翌日は立春で、あと二日で大寒は終わってしまう。
、って慌てて今日は、庭に「寒肥」を施した。

木の根元に行っては、「いつもありがとうね。春になったら元気に芽を出すんだよ。」、って思いながら。
ついでに、久しぶりに庭の手入れをした。
枯草の根っこを掘ってちゃんと草取りしたり、木を整えたり・・・。

私はこれが結構楽しい。
土と向き合っていると心が落ち着く。色んな生き物にも会えるし、これがまた面白い。

一列に並んだ沢山の地蜘蛛を発見!!本当に久しぶりに地蜘蛛の巣を見た。
地中に微生物が少なくなったのか?!

嬉しくなった。
子供の頃、庭木に潜っては地蜘蛛捕りを夢中で捕って遊んだ。
蜘蛛の巣を破らないように、集中して息を止めつつ、そーっと、そーっと引き上げる。
破れない様に塊のまま引き上げた時は、達成感に満ちて、これがまた何とも言えなかった。
筒になった蜘蛛の巣の一番下に、茶色いモコッとした蜘蛛がいると
これまた最高の気分だった。

しかし今日は、流石にそっとしてあげた。
この寒空に温かい地中から引き上げられたら、地蜘蛛もたまったものではない!!

それから・・・・




続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=52 |
| エッセイ | 11:03 PM | comments (x) | trackback (0) |
人間も野鳥も自然の仲間 自然保護活動
野鳥の会は野鳥を見て楽しんでいるだけの会ではありません。
野鳥を通じて自然保護活動を盛んにしています。

以下はAさんからの、愛知県支部へのレポートです。

【カワウ調査】水主ヶ池公園工事について、本日(12/23)現地に行ってみたところ
すでに工事中で、かなり整備が進んでいる状態で
来年の3/18に完成予定とのことでした。

池の北西側の雑木林が切り開かれ、芝生が植えられて広場になる他
その南側の葦原の裏に人工の湿地が作られるようです。
(なお白雲閣は取り壊されずそのままのようです)

カワウの営巣への影響については元々北西側は営巣が少ない場所だったため
あまり影響はないようですが、工事が気になるためか、大半が対岸の東側
に移動しているようでした。
14:00時点でざっと数えたところ個体数は400羽前後でした。

Aさん、今後とも引き続きレポートをお願い致します。

人も野鳥も自然の仲間。
自然の中で人間と同じく生きている野鳥の事を守る事が、人を守る事にもつながります。
自然を壊し人工物を作るとき、そこで必死に生きている生き物はじめ野鳥の事を
少しでも考えて考慮しながら工事などを行って欲しい。
切に願っています。

次はMさんの鳥便りから。
ソーラーパネルの設置を見るにつけ、自然への影響や野鳥の事を心配せざるを得ません。




続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=50 |
| エッセイ | 11:06 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑