■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

異国の鳥便り プロローグ
春爛漫。

家を一歩外に出ると、そこはもう春一色です。
桜の花も満開を過ぎ、雨に打たれて散ろうとしています。
街の中は色とりどりの花で満ち溢れ、
ツバメが春風に乗って、あたかも春の香りを舞い上げるようにスーイスーイと、時にふわふわと飛んでいます。
ツバメの動きに私の気持ちを乗せてみると、私の心まで春の嬉しさに青空を乱舞してしまいます。

私の今年の春は一度にやってきました。

桜の花芽もまだ硬くてウソの餌にもならない時に私は日本を出発し、インドのケララ州・コチン空港に降り立ち、
9日間を経て3月30日に日本に戻ったら、桜が満開になっていてびっくりしました。
帰宅した翌日の朝に外に出ると、ウチの周りにもツバメが来てくれていました。

インド滞在中の9日間の間に、季節が一気に進み、一気に春になっていました!!

8泊したアーユルヴェーダの療養所での治療(トリートメント)の合間にあたりを散歩したり、宿泊棟の屋上で夜明け前後からもひとりで探鳥したりしました。
近くの川で、旅の途中のツバメ達が羽を休めているのに出会い、旅の終焉は日本かもしれないと思いを馳せたりして、感動したり空想したり。

森の中での9日間は、至福の時という表現しか思い当たらない程満ち足りた、心からリラックスできた時間でした。

その体験中に出会った数々の野鳥たちのことを、私の幸せ体験の中で、その時間を共有した野鳥たちのことを
これからこのページの場を借りてお伝えできたら、と思います。


lovebird












| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=37 |
| エッセイ | 10:01 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑