■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

今週の鳥便りから その二

名古屋市のUさんから


探鳥会(2月28日)は、暖かな春の陽気になりました。
ツグミは、渡り衝動なのでしょうか、行く先々で活発な動きが観られました。
クィ クィという声とは異なる、含みのある”キョ キョ”を発し呼び交わしのようです。
アカゲラの"キョッ キョッ”に似てますが、もっと丸く最後の“ッ”はありません。
シロハラも同じような声を出しますが、も少し喉太い感じ。
この地味な冬鳥達が渡去する前の、春の啼き声を楽しむ頃になってきました。

前日の夕方、猫ヶ洞池にいたキンクロハジロとホシハジロが人出を避けるように移動していました。
前者が桜の園池、後者がハンノキ湿地の溜池に。探鳥会参加者には嬉しい観察となりました。
も少し欲を言えば、26日の夕方、溜池に迷い降りたオシドリ♂残っていてくれたらなぁ、と。
この狭い溜池でオシドリを見たのは初めてのことです。2羽のカルガモと北側の一番奥に隠れていました。

久し振りにオオタカ♂の、鋭い縄張り主張の威嚇鳴きを耳にしました。
カラスとのバトルも始まったようです。
前日には2羽のディスプレイも何度か見たとSさんが言っていました。
気になって、昨年人が入り失敗したアカマツを確かめました。既に手入れをしているようです。
困ったなーが、今の実感です。


オオタカの営巣は本当に本当に貴重で、営巣が無事に成功して欲しいと祈るばかりです。
環境を変えてしまう人間は、この事を配慮して自然との共生をいつも考え
人も鳥も自然の仲間、という思想を根底に持っているべきだと私は思っています。

名古屋市緑区の大高緑地公園のオオタカも受難を迎えています。

行政の一方的な計画で、恐竜パークの建設決定が突然発表され、問題になっています。
その場所がオオタカの営巣の森の直ぐ近くで、トロッコが恐竜の近くを通るたびに
ガオー、と叫ぶそうです。

人間なら苦情を訴えることが出来ますが、オオタカは営巣放棄してしまうかも知れません。
死んでしまうかも知れません。
今日工事が始まり、中京テレビも取材に来ていたそうです。

日本の、しかも人間が作った里山の森に恐竜は似合わない!!



LOVEBIRD



| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=55 |
| 鳥便り | 09:19 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑