鳥インフルエンザ
毒性の強い「H5N6亜型」の高病原性鳥インフルエンザで東山動物園が閉鎖になった。
とても悲しいショッキングなニュースです。
その上に、今日また、三重県の民家で死んでいたオオタカから鳥インフルエンザの陽性反応が検出されたとの報道があった。

愛知県自然環境課には、新聞でも報じられた事もあり、
鳥の死骸情報がひっきりなしに電話がかかってくるそうです。
その同定の後に回収に行かねばならないので大変だそうです。
中には車にひかれたようなものもあるそうです。
自然界の中で毎日数多くの鳥が死んでいるのですね。私達が知らないだけで・・・。

野鳥→鳥インフルエンザ→怖い・嫌な物・避けたい物、と
どうか思わないで欲しい。
適切に対応していけば良いのだから。

何故この様な事態になったのか、自然環境を考えるきっかけにして欲しい。
鳥インフルエンザで死んだ鳥が浮かばれない。
野生のシジュウカラガンを見たことがある。群れで田んぼにいた。
遠くからも分かるほど大きくて、白黒がはっきりして目立ち、非常に美しい鳥だった。
その光景を消してはならない。

Uさんからの鳥便りに、東山動物園の事が書いてあるので皆さん、是非読んで下さい。






続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=59 |
| 鳥便り | 09:00 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑