■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2017年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

野鳥が北へ、着々と

この時期、沿岸部に行くと、物凄い数の鴨達が集まっているのを目にします。
小さなため池や川から、海へ出ると行き先が同じ鴨と出会い、
徐々にその数が増えていくのでしょうか?

「自分の姿を認識していて自分と同じだわ!」、っと思い、群れになるのでしょうか?
鴨に聞いてみたい。

私の見方は、学術研究としての見方のSさんの便りとは大違いです。

例会の話題の一つに、カモ類の移動についてがありまし
勅使池や岩藤新池の有様、個体数の日替わり変化や時間帯による変化が目まぐるしいことなど、
既に終盤近くなっているそれぞれの種の北帰行の状態が、ある面で分かるのではないかと。
目安にしていた動物園のオナガガモの移動数観察が、鳥インフルで駄目になり、傾向もつかみ難くなりました。
ほぼ毎年出ていた猫ヶ洞池のゴミ拾いに、眩暈が出ることを口実に、昨日は参加していませんでした。
今12日、気になって確認に出掛けました。オオバン2羽を除き、マガモのみ46羽。今年目立っていたコガモは1羽もいませんでした。
綺麗に清掃された池の端にツグミが1羽だけ。

冬鳥のバロメータ シロハラも、明らかにその数を減らしています。
水場に降りていたアトリも来なくなったようです。


次はAさんの便りから。



続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=65 |
| 鳥便り | 10:03 PM | comments (x) | trackback (0) |
シロハラの美しい夏羽
</span
先日、とても美しいシロハラに会った。
お腹が白くて、シロハラの名前の由来そのままだった。
真冬に見られるシロハラのお腹は白くないので、アカハラと対比して赤くないからシロハラと思っていた。
が、しかし、小牧山の水場に表れたシロハラの美しいことと言ったら!!

清純な、白いウエディングドレスを着ている様だった。
嘴の下部の、ほんのわずかなオレンジ色は、まるで控えめに付けた口紅。

冬鳥が次々と営巣地に向かってこの地を離れる中、
未だ残っている個体に、その繁殖羽の完璧に近い美しい姿を見つけることが出来る。

鴨達は、一月の終わりの、ペアリングをする時期には繁殖羽に換羽しているが、
その他の鳥は北へ飛び立つ直前でも未だ完全には換羽が終わっていない種類や個体もある。

私が良く行く池も、様相が全く違っていた。
オカヨシやミコアイサの群れがいない。

冬場にのんびりしていた鴨達とは違い、池の真ん中で疲れた様子で必死に眠って疲れを癒そうとしている個体が多かった。
何処かからの移動中に違いない。
その池で冬を越したと思われる個体は、慣れたように池の縁に集まっていた。

脅かすといけないので、早々にその場を立ち去った。
休日の趣味の為に、命がけの彼らに迷惑をかけたら、人間がすたるというものだ。

LOVEBIRD





続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=64 |
| エッセイ | 09:17 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑