日本野鳥の会 本年度の活動報告 ③オオジシギ

(以下 抜粋文)

そのほか、減少が懸念されている渡り鳥オオジシギの保護プロジェクトでは、

会員の方などの協力を得て、北海道での推定個体数が約3万5千羽であるとの調査結果を発表し、

風力発電施設の問題では、引き続き野鳥とその生息地に悪影響を及ぼさないよう環境省や事業者へ働きかけるなどの活動に取り組みました。


愛知県支部でもコアジサシプロジェクト・NEXCO中日本との共同でのサギ調査・メガソーラー建設に対する発言など多数

会員の方々や一般の方々も巻き込んで、「思いのある方が思いを行動に」移しています。

私も、出来る時に、私なりに行動に移せたら、と思っています。探鳥会の案内でも野鳥達の生きる姿をまず知って観て感じて欲しいと強く強く思っています。

野鳥の会は野鳥を観て遊んでる、などの無知ゆえの偏見をなくしたいものです。

今年も私の目の前に現れて、私を楽しませて私を元気づけてくれた野鳥達、ありがとう。

一緒に野鳥を観て喜びを共有してくれた方々、ありがとう。


Lovebird



| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=72 |
| エッセイ | 08:07 PM | comments (x) | trackback (0) |
日本野鳥の会 本年度の活動成果  ②カンムリウミスズメ
大海原の波間に浮いていると、ホントに分からないカンムリウミスズメ。

三宅島から船を出して貰い、大海原に一羽だけ見つけた時の感動とときめきは今も鮮明に記憶に残っています。

(以下 抜粋文)

海洋の代表種として保護活動を続けているカンムリウミスズメでは、三宅島の西の沖合10㎞に位置する大野原島周辺海域で、特別な許可を得て、初の早朝調査を実施しました。

その結果、これまでを大きく上回る490羽を記録し、改めて重要な繁殖地であることが確認出来ました。

同じく三宅島では、オカリナ奏者の善久(Zenkyu)氏の協力のもと、「カンムリウミスズメコンサート」を開催、地元の方々にこの海鳥を知っていただく機会を作りました。



本当に嬉しいニュースです。

「野鳥も人間も自然の仲間」という日本野鳥の会の理念。「野鳥も人も共存できる世界」の実現。

これは人間の為でもあるのです。

Lovebird

| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=71 |
| エッセイ | 07:51 PM | comments (x) | trackback (0) |
日本野鳥の会 本年度の活動成果 ①シマフクロウ
この2018年度も終わりを告げようとしています。
年の瀬に辺り、日本野鳥の会本部より届いた手紙に本年度の成果が載っていましたので
3部に分けてご紹介させて頂きます。

(以下、抜粋文)

かねてから力を入れております、森林を代表する絶滅危惧種シマフクロウの保護活動では、

関係者の熱心な保護活動や当会の野鳥保護区設置などが成果を見せ始め、

最新の調査では約160羽まで増えているという、うれしいニュースがありました。

引き続き、森つくりなどの環境改善とともに、野鳥保護区の設置等を進め、シマフクロウが安心し暮らせる森を守っていきます。



続き▽
| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=70 |
| エッセイ | 07:32 PM | comments (x) | trackback (0) |
テストで投稿
2018年もあとわずか。光陰矢の如し。

| http://wbsj-aichi.org/cp-bin/blogn/index.php?e=68 |
| エッセイ | 08:54 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑