前へ
次へ

調査概要

   

愛知県鳥類生息調査
昭和42年(1967年)から現在に至るまで毎年継続して行われているラインセンサスによる鳥類生息調査です。愛知県からの受託業務として実施しています。2017年で50周年となります。これだけ長期間にわたって継続的に鳥類調査を実施しているところは全国でも希です。22か所の調査ポイントを毎月1回カウントしています。


調査方法
ラインセンサスです。調査員が調査地点の決められたコースを通り、確認された鳥類を記録していきます。調査日、調査時間は調査員に一任しています。


調査地点
愛知県内に22か所の調査地点があります。都市周辺、農耕地、里山、水辺、山林など環境は多様です。下の地図は調査地点を示しています。都市周辺は赤、農耕地は茶色、里山は黒、水辺は水色、山林は緑の数字で示しています。

   

調査地マップ

調査結果
調査結果は、愛知県のウェブサイトで一般公開されています。人知れずコツコツと積み上げてきた先輩たちの苦労の結晶であり、かけがえのないものです。ぜひ調査研究、そして保護活動のバックアップデータとして役立てて下さい。

愛知県鳥類生息調査結果はこちら

参加方法
現在のところ、新規の募集はしていません。欠員がでると募集することがあります。いつどの調査地点で欠員が出るかはわかりませんが、もし興味ある方がいらっしゃいましたら愛知県支部に御一報下さい。



[前のページへ戻る] [ホームへ戻る]
ページのトップへ戻る