前へ
次へ

名古屋港ポートアイランド

   

野鳥の中には街中や山林などの緑地では生息できず、砂礫地や砂浜、干潟といった草木のない環境を好むものもいます。例えばシギやチドリ類、あるいはアジサシ類といった水鳥の仲間たちです。日本野鳥の会愛知県支部は、名古屋港ポートアイランドをそのような水鳥を主をする野鳥の保護区として保全することを国、愛知県、名古屋市および周辺の全ての自治体に対して提案します。激減したシギやチドリ類のねぐら利用や国際的希少種であるコアジサシの繁殖地としてポートアイランドの利用を促進し、生物多様性保全のモデルとすることで環境学習の場としての利用も提案します。

名古屋港の人工島「ポートアイランド」は、名古屋港の水底を浚渫した際の土砂を積み上げて出来た面積約257haの人工島です。名古屋港の入り口に位置しています。現在のところ、まだどこの自治体にも属していません。国土交通省が管理をしています。



上陸禁止となっており、国土交通省の船に同乗してポートアイランドを「見学」という形でないと上陸できません。

国土交通省の船


名古屋商工会議所や中部経済連合会などの中部経済界は産業利用するためにさまざまな提言をしています。

ポートアイランドに関する最近の記事のまとめ
ここをクリック

しかしこの人工島は港の土砂を積み上げて出来たものであり、その基盤は非常に脆弱です。またポートアイランドを産業利用するためにはアクセスする手段として橋または海底トンネルで結ばなくてはならず、これには数千億円という巨額の費用がかかります。

古来、名古屋港一体には広大な干潟が広がり、野鳥を頂点とする豊かな生態系が存在していました。江戸時代初期から干拓による農地化が進み、明治~昭和に入ると工業化が進み、さらに平成に入って開発が進んで現在のような形になっています。人の手が入る以前は野鳥を頂点とする自然の楽園であったことでしょう。今やその頃の海岸線の自然は全て失われ、わずかに残る藤前干潟にその姿をかろうじてとどめています。

名古屋港の破壊されつくした自然環境は希少な野鳥の生息にも重大な影響を与えています。激減したシギ、チドリ類。種の保存法で国際的に希少な動植物種に指定されているコアジサシ。いずれもこのまま放置すればいずれ愛知県では姿を見ることが出来なくなる可能性があります。

そんな状況において、名古屋港の入り口にあるポートアイランドは、野鳥にとっての絶好のロケーションとなっています。



人が立ち入ることができないため、人による攪乱がないこと、周辺を海に囲まれており藤前干潟に近いことから餌場には困らないこと等の理由によりシギ・チドリ類のねぐら利用やコアジサシの繁殖、また木曽岬干拓地を利用するチュウヒなど希少な猛禽類のエサ場として絶好の場所となる可能性があります。

そのため日本野鳥の会愛知県支部は今後、このポートアイランドを野鳥の保護区として保全し、環境学習の場として利用することを提言していきます。

       

 
[前のページへ戻る] [ホームへ戻る]
ページのトップへ戻る