鵜の鳥観察会

   

全国有数のカワウ繁殖地愛知県。その愛知県でも鵜の山はかつて村の公共事業として鵜の糞を肥料として集めて販売するほど鵜との関係が深い地域です。その鵜の山での観察会です。知多半島にある、国内でも有数のカワウの繁殖地である鵜の山周辺にいる野鳥を観察します。探鳥会の名の通り、カワウがメインですが、カワウが営巣している池には、カモなどの冬鳥がいるためこちらの観察も楽しむことができます。



新着情報

2016-10-16

探鳥会情報

12月  ★小雨決行
集合時間 午前9時00分
解散時間:正午頃
集合場所:美浜町総合公園駐車場
交通機関:名鉄河和線終点河和駅下車 ①知多バス・中部国際空港行き「えびせんべいの里」下車徒歩5分 ②美浜町営巡回ミニバス 東部コース 総合公園下車
備考:トイレ、駐車場有り。

   集合場所

案内人紹介

神野さん。

伊藤さん。

古川さん。

  

鵜の鳥観察会で見られる主な野鳥

  

写真で紹介する鵜の鳥観察会

集合場所の駐車場


農道に入って畑の向こうから池の南側を観察します。農地には監視カメラなどが設置されているので不用意に畑に入らないように注意が必要です。


カワウが営巣している池(鵜の池)を南北に分けている遊歩道です。ここからだと、池の南北両方を見ることができます。


鵜の池の横を通る愛知用水沿いに池の北側に向かいます。


池の北側には、鵜の山の石碑と説明の看板が立っています。


[前のページへ戻る] [ホームへ戻る]
ページのトップへ戻る