平和公園鳥類生息調査

   

コナラ、アベマキ等の雑木林に囲まれて田圃、溜め池、湿地等が点在、市街地の中にしっかり里山の環境が残されており、野鳥のみならず、多様な生物と接することができます。経年変化を比較できるデータの記録を主目的とはしておりますが、活動自体は通常の探鳥会とそれほど違いはなく、こじんまりとした家族的な雰囲気の中で進めていますので、知識経験に関わらずお気軽に参加して下さい。

新着情報

2017
案内人 木野さんのウェブサイトを参照して下さい。楽しい情報満載です。

探鳥会情報

毎月第三日曜日 ★雨天決行
集合時間 午前8時30分
解散時間:午前10時30分頃
集合場所:平和公園南部緑地入り口
交通機関:地下鉄「星ヶ丘」下車 徒歩15分
備考:無料駐車場有り

   集合場所

案内人紹介

木野さん。ウェブサイト

  

平和公園鳥類生息調査で見られる主な野鳥

  

写真で紹介する平和公園鳥類生息調査

ハンノキ湿地
市民の森の中心に位置する水場。森林性の鳥たちの観察場所の中心。
渡りの時期には、キビタキ、オオルリやムシクイの仲間などを観察できます。



猫ヶ洞池
秋から冬場にかけての時期には、100羽、200羽といった多数のカモたちが水面で休む姿を観察することができます。



谷戸
2010年、田圃の再生や溜め池、炭焼き小屋等の造成とともに乾燥化の心配された湿地の保全を行いました。
モズ等の草原性の鳥たちが多く見られます。



[前のページへ戻る] [ホームへ戻る]
ページのトップへ戻る