木曽岬干拓地探鳥会

   

冬、上空にはトビが旋回し、オオタカが獲物を狙う。ノスリとチョウゲンボウはホバリングして地上の獲物に狙を定め、コチョウゲンボウはヒラヒラと舞うように飛んで小鳥を追う。そして木曽岬の象徴、チュウヒが地上すれすれを飛ぶ。そんな猛禽類の聖地、木曽岬干拓地。運よくハイイロチュウヒに出会えた日は最高に幸せな気分だ。地上に目をやるとそこにはつぶらな瞳のタゲリの群れがいる。まるで手塚治虫のマンガから飛び出してきたみたいだ。目立たないがよく見るとスマートなタヒバリもいる。水路にはひっそりと1羽で越冬する孤高のシギ、クサシギがいる。鳥に興味のない人には木曽岬干拓地は「何もないところ」。でもすばらしい自然のいとなみがある。強いものが生き残る世界がある。それが冬の木曽岬干拓地。
愛知県支部、日本野鳥の会三重、愛知県野鳥保護連絡協議会の共催で実施しています。

探鳥会 What's new?

探鳥会情報

毎月第4日曜日 ★雨天決行
集合時間 午前9時
解散時間:正午
集合場所:弥富野鳥園駐車場
交通機関:ありません。タクシーなら「近鉄蟹江駅」から約20分です。

備考:無料駐車場有り。探鳥地は広いため、皆で車に分乗して車で回ります。

集合場所

案内人紹介

3人の案内人はいづれも長年に渡って木曽岬のチュウヒ保護活動に携わて来た、いわば木曽岬チュウヒの守護神ともいえる方々である。チュウヒに興味のある方はぜひ木曽岬探鳥会に足を運んでもらって案内人の話に耳を傾けて欲しい。

近藤さん。日本野鳥の会三重。木曽岬チュウヒ保護のリーダー的存在。

米倉さん。日本野鳥の会愛知県支部。長年、愛知県鳥類生息調査の鍋田干拓地を担当。

森井さん。愛知県野鳥保護連絡協議会、名古屋鳥類調査会。名古屋市野鳥観察館。名古屋市野鳥生息調査のとりまとめをしている。

  

木曽岬干拓地で見られる主な野鳥

  

写真で紹介する木曽岬干拓地探鳥会

木曽岬を代表する鳥 チュウヒ


もうひとつ冬の代表的な猛禽類 ノスリ


冬はチョウゲンボウを観察する機会も多い


冬の干拓地のアイドル タゲリ


目立たないが数は多いタヒバリ


集合場所の弥富野鳥園駐車場


最初の観察地点 水路 カモ類、カワセミの観察ポイント


次の観察地点 水路2 カモ類、シギ・チドリ類の観察ポイント


港   カモ類、カモメ類が観察できる


鍋田干拓地 タヒバリ、タゲリ、チョウゲンボウ、コチョウゲンボウなど。2016年冬はナベヅルの群れが居ついた。


広大な木曽岬干拓地 チュウヒが繁殖している。冬は数多くの猛禽類が出現。干拓地内は立ち入り禁止なので堤防から観察する。


チュウヒ出現


探鳥会の後は、芝生に座って鳥合わせ


[前のページへ戻る] [ホームへ戻る]
ページのトップへ戻る